基板用端子の特徴や云々について

subpage-img

基板用端子はパソコンを自作するレベルの人なら組み立ての時基盤を扱うのでそれらを目にする人もいます。
ただし一般的ではないジャンルです。基本的に電子部品のジャンルの職種のものになります。よってデジタル時計からスマートフォンや車の製造まで半導体関連を仕事にしている人が最も取り扱いをしています。



基板用端子は基板に取り付けますが主に半田付けで取り付けます。
半田ごてを使って取り付ける場合や基板用端子をはめ込んでコンベアーに置いて業務用の自動半田付けの機械で行ったりします。



ちなみに半田は人体において取扱注意の側面があるので余った半田などはその地域で決められた方法で処分しなければなりません。


作業者自身も健康診断などで影響が無いか調べたほうがいい危険性があります。基板用端子で有名なのはLEDです。

今でこそライトや照明などで脚光を浴びていますが半導体部品です。



エアコンやテレビをリモコンで操作する時点滅しますがその光がLEDとなります。

こういった小さいものは端子は基板自体ももっと小さいので半田付けの難易度が高いとされます。


また安価な海外生産粗悪品で半田付けが抜けていることによる接触不良や動作がしないケースがあります。
その場合として置き時計や電卓などの場合は作りがシンプルである傾向です。

素人でも開けてみて目視で端子が半田付けされていないかが判別できます。
で半田と半田ごて一式を持っているなら自己修理が可能です。

top