金属ワッシャーの活用方法

subpage-img

金属ワッシャーにはいろいろな使い方があります。

最も多いと考えられるのがねじの座金として使用されることです。



ねじを締め付けるとねじの圧力で跡が付くようなことになりますが、金属ワッシャーを挟むことで、こうした跡が付くことを防ぐことが出来るのです。


ねじは何度も交換して締め付けることが多いところですから、何度もねじを交換していると、そこから痛むことも考えられます。


場合によっては割れなどを生じることもありますから、ねじの下に金属ワッシャーを敷いてこれを防ぐというわけです。


また、ねじのゆるみを防止するという意味でも金属ワッシャーには大きな意味があります。



ねじは振動などで外れることもよくあります。
ですが、金属ワッシャーを挟むことで、この外れることをある程度防止することが出来るようになります。


勿論完全に防止するということにはなりませんが、ワッシャーという接触面との面積が広い部材が入ることで、これを防止する役目を持たせたりすることも出来ます。また、ワッシャーに縦方向の力が加わることで、ねじを縦の方向に押し返す力が働き、これがねじが弛むことを防ぐ力となります。


ねじが弛む理由として、回転方向の力が加わることが考えられるのですが、この回転方向の力を抑え込むことに利用できるというわけです。


また、スペーサーとしてスペースを埋めるということにも使うことが出来ます。



いろいろと活用することが出来るので、実はかなり使える部品でもあります。


top